顔を小さくする方法

注射を打つ人

仕組みや悩みごとの解決方法

ボトックス注射は、様々な方法で役に立ちます。主に美容整形でもちいられることになりますが、よく利用されるパターンの一つとしては顔を小さくするパターンになります。人間の顔は、正面から見た場合エラがはっていると大きく見えてしまうものです。エラが張る場合には2種類の原因が考えられます。そのうちの一つが、あごの筋肉をよく使っていて筋肉が発達しているパターンです。これは、小学生から中学生ぐらいのとき硬いものをたくさん食べたり、よく噛んで食べることにより発達することが多いです。健康には良いといわれていますが、顔が大きくなってしまう原因の一つになるでしょう。もう一つは、骨が発達しているパターンになります。骨が横に出ているとエラがはっているように感じるためこの部分を削ることで顔を小さく見せることが可能になるでしょう。多くの場合、顔が大きく見えるのは前者のパターンが考えられます。子供のころからよく顔の筋肉を使い、これによって顔が大きく見えてしまうパターンです。最近の子供はそこまで硬いものをかんだり歯を食いしばることはなくなりましたが、30代から40代の人は子供の頃に「よく噛んで食べなさい」などと言われたため、筋肉が肥大化したパターンも多いでしょう。このような原因から考えれば、ボトックス注射は非常に効果的です。なぜなら、筋肉を縮小する役割があるからです。これに、悩みごとを解決することができますが、副作用があるか心配になるところでしょう。基本的に、副作用は体調が悪い時に施術をしない限りほとんど出ることはありません。

ボトックス注射を行う場合の仕組みに関してですが、ボトックス注射には筋肉を縮小させる仕組みがあることを理解しておくことが大事です。この仕組みをもう少し詳しく説明すると、ボトックス注射の成分の中にボツリヌス菌と呼ばれる菌が入っています。もともとこの菌は、大腸などに入ることで食中毒を起こすものとされていました。つまり、腹痛に発展する可能性があるわけです。なぜ腹痛になるかといえば、ボツリヌス菌自体が筋肉をまひさせることをするからです。これにより痛みが伴い、その結果食中毒や腹痛になっていることがわかるでしょう。これを医療用として応用したパターンがボトックス注射です。つまり、注射の中に含まれているボツリヌス菌により筋肉をまひさせることができるようになります。筋肉をまひさせるとどのようになるかといえば、長期間まひさせることにより筋肉が少しずつ働かなくなっていき筋肉が縮小していく仕組みです。よく、筋トレをしばらくならないと筋肉が落ちていくといますが、顎の筋肉もしばらく使わないと筋肉が落ちていき縮小していく傾向にあります。つまり、顔が小さく見えることにつながるでしょう。このように、ボトックス注射を打つことで自分の顔を小さくすることが可能です。副作用に関してはほとんどありませんが、あまりたくさん打ち過ぎると顎自体が動かなくなってき言葉を発することが難しくなるという副作用が考えられます。たいていの美容クリニックでは量を少なめに打つ傾向がありますので、まずそのようなことはありません。

Copyright© 2019 シワの悩みを解決する方法として人気があります All Rights Reserved.