筋肉に作用する美容成分

注射器

小顔効果やしわ消しの効果

顔が大きい、頬のエラが気になるなどのコンプレックスは、ボトックス注射という治療で解決することが出来ます。ボトックスとは、ボツリヌス菌と呼ばれる細菌から作られた成分です。人間の筋肉に注射すると、注射した部分の筋肉の力をゆるめるという特徴を持っています。この特徴を活かして、美容医療の現場でボトックスは活躍しています。例えば頬のエラをなくすという治療です。頬のエラは、生まれつきの骨格が原因の他、咬筋と呼ばれる筋肉が異常発達してしまうことも原因の一つです。咬筋の異常発達は、ものを噛みしめるクセがある人、歯ぎしりのクセがある人が起こりやすい現象です。そして咬筋にボトックスを注射すると、噛みしめや歯ぎしりが改善され、自然と頬のエラが消えていきます。この治療のメリットは、治療時間がとても短いということです。従来の頬のエラをなくす治療では、頬骨を削るための手術などをしなくてはならず、入院が必要な場合も多くありました。しかし、ボトックスの治療はただ注射を打つというだけなので、仕事帰りや仕事前の空いた時間に行うことも出来ますし、終わればすぐに帰宅することも出来ます。このような特徴を活かし、頬のエラだけでなく、表情筋が原因の小じわなども改善することが出来ます。気になる人は、まずは美容整形クリニックへ行ってカウンセリングを受けてみることから始めましょう。ただし、治療を行うに当たっては副作用について注意する必要があります。副作用が起きた場合は、すぐに医師に相談し適切な対処法を教えてもらいましょう。

ボトックス治療による副作用は、注射を打った部分の腫れやかゆみ、赤みなどです。副作用はあまり起こることはありませんが、体質的に合わなかったり、注射した量が多かったりするとまれに現れることがあります。症状が軽い場合は、氷で冷やすなどの対応ですぐに緩和しますが、まれに重い症状が出てしまうこともあります。その場合は、速やかに医師に相談しましょう。また、上記の副作用の他にも、ボトックスの特徴によって筋肉の弛緩が出すぎてしまうという症状が出る場合もあります。そうなると、筋肉の力が入れづらくなり、うまく表情を作れなかったりしてしまいます。しかし、そのような症状はボトックスの量が多すぎたというケースがほとんどなので、次回の治療のときに調整してもらうようにしましょう。またボトックスの持続期間ですが、個人差はありますがおよそ3か月〜6か月程度となっています。効果が切れてきたと感じたら、医師に言われた周期は守りながら再治療を行いましょう。2回目以降は、持続期間も長くなる傾向にあるので、大体1年に2〜3回通院するのが普通です。そして気になる費用ですが、一回の注射で3万円前後かかるのが普通です。ただし美容目的の治療は健康保険の適用外になるため、自由診療となりクリニックによって値段は異なります。ホームページなどを確認して、費用のチェックも行っておきましょう。ホームページでは、実際の症例写真なども見ることが出来るのでおすすめです。ボトックスによる美容効果で、自分の自信を取り戻しより良い人生を送りましょう。

Copyright© 2019 シワの悩みを解決する方法として人気があります All Rights Reserved.